お弁当2個

c0326245_10273631.jpg
今日も、良いお天気です。
爽やか~な、でも、私が起きた時間には、お日様はま~だだよ。と言うことで、真っ暗。
主人を起こさないように抜き足差し足で、キッチンにたどり着いて、ストレス発散開始。

今日の写真は、暗くなってしまいました。ごめんなさい。
メニューは、かますのムニエル・小松菜とあげのたいたん・エリンギと人参のきんぴら・チョリソーです。
チョリソーは、市販ですが、あとは、手作りです。

甘塩のかますの干物を骨抜きで、骨なし干物にして、コショーと小麦粉パタパタして、グレープシードオイルで、焼きました。
朝から、小骨抜きは、辛い。昨夜、済ませて置けば良かった。

小松菜とあげのたいたんは、フライパンにグレープシード少々に、小松菜刻んで、おあげさんを油抜きして、炒めて、出し醤油とお砂糖少しで味付けました。


出し醤油は、手作り。
お醤油2:日本酒1:みりん1を鍋に入れて、昆布と煮干の頭とはらわたを取ったもの入れて、一晩寝かせて、沸騰させて少し冷まして、鰹節入れてこしたもの。
何にでも使えて便利です。
私は、一度にお醤油500ml:日本酒250ml:みりん250mlを昆布10cm角、煮干大きいもの10匹、鰹節100gで作ります。
昆布と煮干は、米酢に漬けて、鰹節は、ラップなしで、レンジでチンして、乾いたら揉んでふりかけにします。
ご飯のおともです。

煮物のお醤油代わりに、めんつゆとして4倍に薄めてつかいます。
たまごかけご飯にかけても最高ですよ。

お弁当がごちそうな日は、私のストレスが溜まってるんです。
料理を夢中になって作る作業が、私のストレス発散なんです。変でしょ?
でも、昔からそうですね。
今日は、ふつーな日ですけどね。
愛情こめて、作りました。

結婚して23年ですから、鈍感な主人もさすがに、気づいたようで、お弁当が豪華になるにつれて、主人は、ビクビクしているそうですよ。

マックスになった日は、決まって、近江牛が、お弁当に登場。

そんな日の主人の帰宅の手には、花束です。

昔は、ショートケーキだったんですけど、おばちゃんの身体は、新陳代謝悪くて、おばちゃんが、霜降りお肉になっちゃいますから、何時の日にか花束に変わりました。
おじちゃんもお弁当作ってもらうだけで、苦労してるんですよ。

会社に食堂あるんですけど、中年の身体には、塩分や油がきついって、健康を気遣って作ってほしいとのだんな様の要望ですが、結婚して23年作り続けてるんですけど。
覚えてる?旦那様。

お昼休みに、ずーっとおんなじ、美味しかったメール届くんです。
まあ、許す。です。

お弁当は、2個ですが、まったく同じものです。
これを、今日の昼食と夕食に食べるのだそうです。

大変気をつかうお仕事なので、ご飯の時間だけが、気を抜けるのだそうですから、楽しい時間になるように心がけています。
美味しいメールのために、頑張っています。

明日の昼食の献立を考えて、お買い物行って来ます。

今夜の私の夕飯は、何でしょう?

主人のお弁当や主人と一緒の食事には、手間をかけますが、自分のためだけって、なかなか出来ないんですよね。
お茶漬けで、終わりそうです。
自分のためにお弁当を主人と同じものを作ってみましたが、専業主婦になってからは、家で、一人冷たいお弁当は、何だか美味しくありません。

やっぱり、一人のときは、お茶漬けサラサラになってしまいます。




by fufugohan | 2014-01-07 11:18 | お弁当 | Comments(0)