おばちゃんの散らし寿司。

数日前のお話です。

私の実家のリフォームが終わったので、お祝いに行ってきました。

お祝い事には、必ず作る散らし寿司です。

c0326245_21152827.jpg
鶏もも肉・ごぼう・人参・かまぼこ・あげ・干し椎茸・いんげん・ちりめんじゃこ・がり・錦糸卵・三つ葉。

鶏肉は、小さく切って、ごぼうは、ささがき、人参は、千切り、あげ・干し椎茸は、細切りにして、干し椎茸の戻し汁で、やわらかくなるまで煮て、砂糖・塩・醤油・みりんで味付けて、いんげん斜め薄切り・かまぼこ薄切りの千切りも加えて、サッと火を通して冷まします。
じゃことがりの千切りは、寿司酢に漬けて。
三つ葉は、塩茹でして、飾りに。錦糸卵も飾り用。

c0326245_21142780.jpg
炊きたてごはんを寿司桶に入れて、甘辛に煮た具と、寿司酢と、じゃことがり混ぜて。

普段は、2人分作るだけなのに、7人分は、大量で、しゃもじが折れそう。

みんなの嬉しい顔を想いながら作るごはんは、気持ちが弾みます。

c0326245_21150352.jpg
出来立ての美味しいところを主人と味見。

上手に出来ました。

私の叔母さんは、とっても料理上手なんです。
小さい頃から、お祝い事には、いつも手作りの散らし寿司を持って来てくれた事を美味しかった思い出として、今でも覚えてます。
私もそんな伯母さんになれたら良いなと思ってるんです。

おばあちゃんが、料理好きな人だったから、10歳から料理をはじめました。
おばあちゃんに習った散らし寿司は、私の叔母さんと味付けは、同じです。

でも、料理するうちに個性が出て、今では、それぞれに違った散らし寿司。

朝から、結構準備に手間が、かかりましたが、愛情込めて作りました。

お祝いの品と共に。

後から、高校生の姪から、可愛いお礼のメールが来ました。
「めっちゃ美味しかったよ。朝からいっぱいお野菜刻んで、大変だったでしょ。」
って、絵文字たっぷりの可愛いメール。

おばちゃんの気持ちが、ちゃんと届いてました。

こんな事が、私の楽しい時間です。
大切な人に、美味しいねって言ってもらえる瞬間が、一番嬉しい瞬間です。

今日は、泊まり明けの腹ペコさんに、たっぷりの愛情を込めて、何を作りましょうか?



by fufugohan | 2014-10-02 12:00 | おうちごはん | Comments(4)

Commented by nnnn55sato at 2014-10-02 12:56
嬉しいメールですね。
叔母ちゃんの気持ちがちゃんと届いている。そしてなにより そのお嬢さんの嬉しかった気持ちをちゃんと言葉で現す。というのがなにより嬉しい。言わなくてもわかるでしょ、って言われればそれまでだけど、ありがとう!って嬉しい言葉ですものね。
今日は素敵なお話し ありがとう!
さあ、午後からのレッスン頑張りますよ!
いつか、みっちゃんの散らし寿司、ご相伴にあづかりたい(^-^)

Commented at 2014-10-02 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fufugohan at 2014-10-02 22:27
さとさん♪

最近の若い人は、って言いますけど、まだまだ捨てたものでもありません。
感謝の気持ちや人付き合いもわりとしっかりしてくれる姪と甥ですよ。身内を褒めるのもなんですけど。
食いしん坊でおしゃべり好きなおばちゃんにそっくりなんです。
小さい頃から、可愛がってますから、さとさんが、お孫さんかわいいのと同じ感覚かもです。

散らし寿司、さとさんのお口に合うのかは、わからないけど、ちょっと甘めの散らし寿司。食べてもらいたいですよ~(^-^)
Commented by fufugohan at 2014-10-02 22:31
鍵コメさん♪

久々の実家で、楽しかったですよ。
京都まで?
そんな事あったら、まずは、京都の美味しいお店で、お食事ですね。
いつもありがとう。
今日も、元気もらいましたよ。