きょうのおべんとう3月1日

c0326245_14461850.jpg
                           献立
    ・大根菜とじゃこの佃煮・白ご飯・鶏の塩コショウグリル・スナップえんどうサラダ
    ・椎茸ソテー・プチトマト

おべんとうを作るのは、衛生面でとっても気をつかいます。
会社の、人間には快適な温度のお部屋に長時間置くというのは、おべんとうにとっては菌が繁殖しやすい環境ですよね。
仕事中に、お腹が痛くなったらと思うと、気をつかっても仕方ないですよね。
そんな苦労なんて、主人は知らないでしょうね。
健康で居てほしいですから、知らなくても許しますけど^^

ですから、本当は昨夜のおかずの残りを使いたいのですが、朝作った物になります。

ですから、おべんとうの残りを夕飯になんてことが、よくあります。

今夜は、主人が日勤で、帰ってきますから、残り物を残り物でないような献立を考えて美味しい夕飯にしなくちゃです。


c0326245_14465231.jpg
大根菜が、美味しそうにお店に並んでいたので、この頃葉物がお高いですが、健康のために買ってきました。
大根菜1束を1cm位に小口切りして、洗って、、フライパンにオイルを大さじ1入れて、大根菜をしんなりするまで炒めます。そこへ、ちりめんじゃこ50g入れて、酒大さじ1、醤油大さじ1と半分入れて、汁気をとばすように炒めて、火を止めて、煎り白胡麻大さじ3入れて出来上がり。
これも、おでぶの元です^^

c0326245_14464138.jpg
鶏肉の皮に、フォークで、穴を開けて、両面に塩コショウして、オーブンの天板にホイルを敷いて鶏肉を皮を上にして置く。グリルで、約20分焼く。焼けたら、キッチンペーパーで、油を拭いて、一口大に切って出来上がり。

c0326245_14470417.jpg
この頃、春の食材がたくさん出回っていて、嬉しいです。なんだか、ウキウキするのは、私だけでしょうか?
スナップえんどうの塩茹でにした甘味が、好きなのでまた、買って来ました。
沸騰湯に塩を少し入れて、うずらたまごの水煮・スナップえんどう・ちくわを塩茹でしました。
うずらたまごにだけ、後で、ごま塩振りました。

泊まり勤務の多い主人ですから、私も一人の夜が多くなります。
とっても寂しくなります。

今夜は、帰ってくると思うとそれだけで楽しみです。

穏やかな一日になりそうです^^



# by fufugohan | 2014-03-01 15:29 | お弁当 | Comments(0)

きょうのブランチ

c0326245_13085426.jpg
                          献立
・具だくさんブイヨンスープ・ハムエッグハッシュポテト添え
・ヨーグルトりんごのコンポート添え・トーストバターと有機栽培ブルーベリージャム


今日は、主人のお休みです。いつものごとく、お疲れです^^
明日は、午前中起こさないでと言って、昨夜早くに寝た主人は、「よく寝た~」と、元気復活です。良かった^^

元気な主人は、キッチンで、アシスタントしてくれました^^
おしゃべりも弾んで、楽しい休日になりそうです。

c0326245_13093062.jpg
冷蔵庫の残り野菜をチキンブイヨンで煮込みました。
大根・人参・玉葱・いんげん・マッシュルーム・ロースハムを煮込んで、ワイン、ホワイトペッパーと塩で、調味しました。
お野菜たっぷりで、身体に効くって感じです。

c0326245_13102481.jpg
ハッシュポテトは、じゃがいもを千切りのスライサーで切って、洗わないでザルに入れて、塩と胡椒をパラパラして、10分放置。少し揉んで、水分が出たら、絞って、フライパンにオイルをひいて、セルクルでじゃが芋の形を整えて焼きます。焦げ目がついたら、セルクルを外して、反対面も焼きます。
セルクルが無くても、ぎゅっと千切りじゃが芋を握って、形を整えても大丈夫です^^

c0326245_13095753.jpg
りんごのコンポートを冷凍していたので、無糖のヨーグルトに添えて、食事が終わる頃に良い具合に溶けて美味しかったです。
普段は、アイスクリームに混ぜたり、そのまま食べたり、重宝しますよ^^

私は、珈琲が大好きなのですが、なかなか自分のためだけに豆を挽いて珈琲を飲むなんてしませんが、主人がお暇な時は、豆を手動ミルで挽いて、ネルドリップして、とっても美味しい珈琲をいれてくれます。
お正月から忙しく、そんな時間が無かったのですが、今日は、久々の美味しい珈琲をいただきました。

今日は、とっても温かくて、お出かけ日和です。

でも、お疲れの主人には、「お昼寝したら?」と、私は、言うべきでしょうか?





# by fufugohan | 2014-02-28 13:42 | おうちごはん | Comments(0)

昨夜の夕ごはんときょうのおべんとう

c0326245_11452029.jpg
                          献立
  ・お刺身・キャベツと豚肉のすまし仕立て鍋・河豚の一夜干しから揚げ・きんぴらごぼう

きのうは、主人のお休みとお給料日だったので、日頃の頑張ってくれる主人へのお礼の気持ちをこめて、お料理しました。
少し離れた所にあるスーパーが、リニューアルオープンされたので、お魚の品揃えが良いとの噂を聞いて、のんびりお買い物に主人と行ってきました。
新鮮なお魚が揃っていて、どれも美味しそうだったのですが、河豚の一夜干しの、ぷっくりした美味しそうなスタイルに心引かれて、お店の方が、「から揚げが美味しいよ」って言ってらしたので即決。
「今夜は、日本酒だ」なんて、主人は、夕ごはんがとっても楽しみだって、ご機嫌でした^^

c0326245_11395119.jpg
自宅は、少し歩けば琵琶湖の畔です。
琵琶湖は、鮒が有名で、色んなお料理があります。その中の一品が鮒の子まぶしです。
造血に効果があると言われていますから、たまに食べます。鮒のお刺身に鮒の子が、絡めてあります。
山葵醤油か、酢味噌でいただきます。あっさりしていて、少し小骨がありますが、おいしいですよ。
いくらの醤油漬けが美味しそうだったので、大根おろしと甘酢で和えました。

c0326245_11405853.jpg
夕方、美味しいパン屋さんの前の美味しい香りに誘われて、パンを食べてしまったので、ごはんは、要らないということで、汁物の代わりに、少しだけお鍋作りました。
豚肩スライス・キャベツ・えのき・葱をお出汁に日本酒と塩と薄口醤油と濃口醤油で味付けして、煮込みました。

c0326245_11435602.jpg
河豚の一夜干しにホワイトペッパーと小麦粉を付けて、オリーブオイルで揚げました。
日本酒にぴったりだと、主人が美味しそうにお酒を飲むので、私も少しいただきました。
日本酒の香りとから揚げの香ばしい香りが、たまらなく美味しかったですよ。
私って、もしかしたら酒豪になる素質あるのかもしれませんよ^^

c0326245_11333787.jpg
これも、日本酒には欠かせない一品です。
細切りしたごぼうを水にさらして、よく水分を切って、フライパンで乾煎りして、水分が無くなったら、オイルを入れて少し炒めて、砂糖を入れてまた少し炒めて、一味と味醂と醤油で味付けました。
最後に煎り白ごまをすって和えました。

ワインを飲んだ日より、酔いがまわって、キッチンをそのままに寝てしまいました。

朝、キッチンにとんでいったら、綺麗に片付けてありました^^
旦那様、ありがとうね^^

お酒は、一人呑みより、誰かと呑んだ方が美味しいですよね^^

きょうのおべんとうです。

c0326245_11455936.jpg
                         献立
  ・豚しゃぶと湯葉の卵とじ丼・コロッケ・スナップえんどう塩茹で・ホタテの照り焼き
  ・自家製漬物・プチトマト

c0326245_11461675.jpg
丼出汁に、日本酒と沸騰湯で茹でた豚しゃぶときざみ湯葉を入れて、卵でとじました。

c0326245_11463159.jpg
ぷりぷりの茹でホタテを照り焼きにしました。

c0326245_11465983.jpg
大根の醤油漬けをたくさん作ったので、丼のお供に入れました。冷蔵庫で二週間保存可能なので、私のお茶漬けのお供です。温かいごはんにもとっても合いますよ^^
主人は、このお漬物は、デブの元だと言いながら、このお漬物だけで、二膳半食べてくれます。本当は、三膳食べたいところを我慢するのだそうですが、後の半分くらい食べてもそこまで食べたら同じですよね^^

大根の皮を剥いて500g、3mmのいちょう切りにします。水で洗って、水分をよくきって、生姜の千切り一片分と鷹の爪の種をとったものを一本分用意して、ホーローの鍋に、醤油150cc・砂糖100g・酢50cc・生姜の千切り・鷹の爪の輪切りを入れて、一煮立ちさせて砂糖が溶けたら、調味料が熱いうちに大根を入れて、そのまま冷まして、冷めたら、密閉容器に入れて、冷蔵庫で二週間保存可能です。
調味料が熱いうちに大根を入れないと、お漬物のにおいが強烈なので、お気をつけくださいね。

私の叔母さんが、婦人会の講習で習ったものです。
叔母さんは、とってもお料理が上手な人ですから、小さい頃からたくさんお料理を教えてもらって、とっても良い思い出がたくさんあります。
食べるって、楽しい事ですからそれについての思い出は、宝物になります。

私も、まわりの人にそんな宝物を贈れたらといつも心がけています。







# by fufugohan | 2014-02-26 13:21 | おうちごはん | Comments(0)

昨夜のごはんときょうのおべんとう

春の穏やかな日差しですが、まだまだ風は冷たいです。

冬の間の運動不足を解消するためと、少しばかりウォーキングしたところ、腰痛におそわれて、今年もひとつ歳をとったのかと身体の衰えを春になったら、しっかり鍛えなければと痛感している今日この頃です^^

昨日の夕飯です。
休日出勤していた主人が、早く帰宅したので、珍しくのんびり夕飯をいただきました。

c0326245_12503096.jpg
                        お献立
                ・ブロッコリーサラダ・エビチリソース・餃子

c0326245_12510549.jpg
自家製レモンドレッシングに、トマトのみじん切りと玉葱スライスをプラスして、ブロッコリーの茹でた物を和えました。ブロッコリーを茹でる時、少し塩を入れると、緑が鮮やかになります。

c0326245_12523795.jpg
ちょっと、焦げましたが、香ばしくてパリパリの皮とジューシーな中身が、美味しかったです。
キャベツと葱たっぷり入れました。
ポン酢とラー油のたれでいただきました。

c0326245_12531451.jpg
今夜もお供はワインなので、エビチリソースをバケットにのせて。
この頃は、中華料理店でも、ワインの品揃えが、豊富ですよね。
主人は、中華料理にも、白ワインなんです。でも、かなり合ってる良いお味です^^

エビチリソースは、中国料理店のオーナーシェフでもある五十嵐美幸さんのレシピです。
・ソースは、鶏がらスープ150cc・砂糖大さじ1・塩小さじ2分の1・ケチャップ大さじ1・酢大さじ1と2分の1・甘酒大さじ1と2分の1です。
・エビ10尾の殻を剥いて、背ワタ取って、塩と片栗粉で洗って、水分をとります。
・エビに、卵白大さじ1・サラダ油大さじ1・酒2分の1・片栗粉大さじ1を絡める。それを少量の油で油通しします。
・フライパンに、生姜2分の1片みじん切り・ニンニク1片みじん切りを少量の油で香りが出るまで炒める。豆板醤大さじ2分の1を入れて炒める。炒める時間が長いほど辛味が出ます。
・トマト1個分のみじん切りを入れてトマトの甘味を出して、合わせ調味料を入れて、沸騰したら白葱のみじん切り2分の1本分を入れて、味を引き締めるために、小さじ1の酢を入れて、エビを入れて火が通ったら、水溶き片栗粉で、とろみをつける。
五十嵐シェフのレシピには、豆板醤大さじ1ですが、私は、辛い物が苦手なので、半分にしました。
香り油をエビの頭で、作るのですが、それが無くても十分な美味しさです。

きょうのおべんとう二食分です^^

c0326245_12541172.jpg
                        お献立
              ・肉じゃが・ほうれん草の御浸し・卵焼き・レンコンサラダ

c0326245_12542742.jpg
じゃが芋・牛肉スライス・結びこんにゃく・玉葱を甘辛く煮ました。ごはんの下に美味しい煮汁が浸み込んで美味しそうです。なので、ふりかけは止めて、白ご飯です。

c0326245_12545002.jpg
卵焼きには、ロースハムと玉葱のみじん切りを炒めて塩コショウした物を入れました。少し水をプラスしてグレープシードオイルで焼きました。ロースハムの旨味と玉葱の甘味で美味しい出汁の代わりになります。

レンコンサラダは、酢水に漬けてあく抜きしたレンコンを茹でて、胡麻だれで和えました。
モチモチした食感が、美味しいですよ^^

春の日差しは、穏やかですが、フローリングやテレビ台の上のほこりがとっても目立ちます。
朝から、痛い腰を我慢して、大掃除しました。

良いお天気なので、そろそろ花粉も飛び出しました。

マスクして、明日の美味しいごはんの食材の買出しに、行かなくちゃです^^





# by fufugohan | 2014-02-23 13:56 | おうちごはん | Comments(0)

ボンゴレビアンコ

朝夕の冷え込みは、まだまだ厳しいものがありますね。家族の帰りを待って嬉しい顔を思い浮かべながら、キッチンでお料理を作りながら待つのも、楽しみの一つです^^
毎年、お正月から、3月の中頃まで忙しい主人の何時になるかわからない帰宅で、朝作ろうと考えた献立は、いつも変更になります。
今夜は、早く帰れると言って、日勤業務で出勤しましたが、また、残業で遅い帰宅。
ゆっくりワインが飲みたいとのリクエストに答えて、色々献立していましたが、翌日にお預けです。
今日は、休日出勤だから早く帰ってくるのだそうですが、あんまり期待しないでおきましょう^^
疲れているからと、大好きなワインを飲んでぐっすり寝たいとのリクエストで、お疲れな身体には、効果抜群なニンニク料理にしました。
ワインにもピッタリ^^
主人は、出来立ての物しか口にしてくれませんから、出来立てのお料理をいくつも並べるのは、けっこう苦労してます。


c0326245_10562781.jpg
お献立
・ボンゴレビアンコ・野菜サラダ・生春巻き・椎茸のバター焼き
c0326245_10564090.jpg
パスタは、指定の茹で時間より1分短く茹でました。フライパンで、ニンニクチップを作って、そのニンニクオイルと白ワインでアサリを酒蒸しして、鷹の爪とパセリを入れて、パスタの茹で汁をプラスして、茹で汁の塩分で、味を調えました。パスタをソースとあわせて、お皿に盛ってから、ニンニクチップをトッピングしました^^
c0326245_10565371.jpg
生春巻きは、大葉・豚しゃぶ肉を白ワインを入れた沸騰湯で茹でたもの・フリルレタス・人参の千切り・きゅうりスライス・玉葱スライス・パプリカ黄色薄切りを巻きました。
ソースは、三種類。胡麻だれにコチュジャン・チリソース・自家製ドレッシング。
自家製ドレッシングは、サラダにもかけました。
・レモン汁大さじ3、醤油大さじ2、オリーブオイル大さじ4、粗挽き胡椒たっぷりです。

 
c0326245_10570527.jpg
しいたけのバター焼きは、しいたけを半分に削ぎ切りして、フライパンで、水分が無くなるまで乾煎りして、ニンニクオイルできつね色の焦げ目をつけて、バターで風味付けして、醤油で味付け。パセリを入れて出来上がり。お皿に盛り付けて、糸唐辛子とニンニクチップをトッピングしてください。
焼いている途中で、鷹の爪を入れても良いですよ^^

私は、叔母さん家の畑で採れた鷹の爪を毎年もらって、天日干しして、冷蔵庫で、袋の口を開けたまま保存します。
乾燥して、手で潰しただけで、粉々になりますから便利です。

昨夜は、お酒の弱い私も主人のお付き合いと称して、ワインをグラスにほんの半分いただいて、美味しかったのですが、眠くて眠くて、子供が、眠くなるとダダをこねる気持ちが、よくわかりました^^
キッチンの後かたつけは、お皿を洗いながら、だだこねたくなりましたよ^^

たくさんニンニクいただいたので、今朝は、元気だったような気がします^^


# by fufugohan | 2014-02-22 12:20 | おうちごはん | Comments(0)