2016年 03月 18日 ( 1 )

春のお彼岸さんの牡丹餅出来ました。

こんにちは~(●^o^●)

ちょっとぽかぽかな陽気が、嬉しいですね(^_-)-☆

暑さ寒さも、彼岸まで。

昨日は、春の彼岸の入りだったんですよ~(●^o^●)

c0326245_11405749.jpg


牡丹餅作ってみました(#^.^#)

牡丹餅と書いて、ぼたもち。

お餅は、五穀豊穣、小豆は、魔除けに通じることもあって、
日本の行事には、欠かせないものなんだそうです。

c0326245_11411315.jpg


午後は、お出かけの予定でしたが、花粉もすごいしねー(^_-)-☆

牡丹餅作りのキッチンデートとなりました(#^.^#)

ちなみに、春は、ぼたもちと言い、
秋は、おはぎって、言うんですって(*^^)v

春は、牡丹の花が、咲くことにちなみ、「ぼたもち」、
秋は、萩の花にちなんで、「おはぎ」だそうです。

秋に収穫した新鮮な小豆を使って、秋は、粒あん、
春は、冬を越して、少し外の皮が硬くなった小豆を使って、
こしあんで作るんだそうですが、

おじさんは、粒あんが好物なので、我が家は、粒あんで、ぼたもちです。

c0326245_11402839.jpg


勿論!粒あんは、手作りですよ~(●^o^●)

おじさんが、ビューンとおばちゃんを置き去りにして、
バイクで遊んでるうちにさー
キッチンで、コトコト甘いあんこ炊きました~(*^^)v

1カップの、小豆を洗って、たっぷりの水で茹でて、
新しい水に変えて、灰汁を取りながら、コトコト2時間半炊きました。
初めに、煮立ったら、冷たい水を加えて、びっくり水。
こうする事で、小豆の芯まで上手に煮あがるんです。
小豆が、つまんで潰れる位軟らかくなったら、
砂糖190g加えて、強火にして、木べらで絶えず混ぜながら、
木べらで、すくって、落として、ぼってりとなるまで煮て、
塩少々加えて、混ぜて出来上がり。
鍋から、他の器に移して、硬く絞った濡れ布巾かぶせて、冷まします。

古米もち米洗って、30分水に浸して、炊飯器で炊きました。
もち米2合に、塩少々と水2合よりちょっと少なめの線で。
(新米のもち米だと、1合よりちょっと多めな位の水加減です)

炊き上がったもち米の熱いうちに、すりこぎで潰して、
おじさんが、ちぎって、おばちゃんは、アッチッチって、丸めて、
きな粉に、塩少々のと粒あん。
きな粉の方は、食べる時、お砂糖かけて。

おじさんは、出来たてパクパク食べてたの~

いつも楽しい方役で、良いよね~(;一_一)

おばちゃんも、温かいお茶淹れて、
いっぱい食べたので、大丈夫~(^^♪
美味しかった~\(^o^)/
亡くなったおじさんの両親にも、お供えして。

お父さんが、大好物だったぼたもち。

食べてくれたかな~(#^.^#)

あの頃より、うーんと上手に出来るようになりました(*^^)v

お父さんが、美味しいってニコニコ頬張って、
良かったな~って、お母さんがお茶淹れてるかな(*^^)v

あれ(゚Д゚;)

その光景、おじさんとおばちゃんじゃない?

おばちゃんは、スーパーばあちゃん(実家の母)にじゃ無くて、
嫁ぎ先のお母さんに似た訳(*^^)v

だからねー

時々、おじさんは、キッチンでゴソゴソしてるおばちゃんを~
ニコニコ顔で、じ~っと見て~
なに?
と聞く、おばちゃんに、
「うちの奥さんが、居るな~と思ってな~(#^.^#)」
って言うの。

亡くなったお母さんを思い出してるのかもね~(#^.^#)

おじさんは、幾つになっても、甘えん坊なんだな~

やっぱりねー我が子の様に思えて来るわ~

次男坊オーラが、そうさせるのよね~(#^.^#)

仕方ないので~

ず~~っと面倒見させていただきます(#^.^#)
おじさんも、おばちゃんの面倒、ず~~っと見て下さいm(__)m






きょうのおばちゃんとこのキニナル逸品






スクワランオイル

おじさんに飽きられない様に、もっと綺麗になってみせるよ~(^^♪

ドクターアロエ公式サイトは、こちら。

綺麗の実感は、嬉しいのよね~(●^o^●)







ランキングに参加しています。
ポチポチっと押していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


by fufugohan | 2016-03-18 12:39 | お菓子作り | Comments(12)